神奈備万有乃杜(かむなび ばんゆうのもり)は、縄文時代まで遡る古神道の形態のままに、鎮守の森、磐境、磐座、御神木を、宮司の私有地にて御祀りし、大いなる自然の稜威に畏敬・畏怖・感謝の念を体現しております。

朝、鎮守の森の頂から差し昇る御来光は実に神々しく、遥拝時には雲間が晴れ、森を駆け巡る風、木々のさざめく音、舞い落ちる木の葉が応えて下さることもございます。苔生した磐座の青々とした息吹は年間を通し、冬でも枯れることがありません。夕焼けに染まる磐座や御神木は、息を飲む美しさです。

満月の夜に輝く月明かりは、森での祝詞奏上を明るく照らして下さり、いつまでも佇んで居たい様な、凛とした優しさがあります。

この杜にはリス、鹿、狐、鷲、鳶、キツツキ、梟、烏、蛙、天道虫、蜻蛉など、様々な野生動物が暮らしています。

私有地の神域につき一般参拝は受け付けておりませんが、積雪時を除き御予約制による個人様の御祈祷、神道講座や禊祓、神楽舞の内弟子に開放しております。

神奈備万有杜ではこの奥宮を以て、主に神籬式出張里宮の外祭を始め、禊祓、神楽奉納、神道講話などを斎行しております。どうぞ御気軽にお問い合わせ下さい。

【御由緒】

先人達が築かれた日本文化の礎である神道の精神性を、今の時代を生きる者のお役目として後世に繋げたく、大土山本宮(宗)天ノ岩座神宮・神職養成講座にて修学し、古神道神職資格を平成27年9月に謹んで拝受しました神職・金輪久仁子により、お祀りされたことが由縁です。

海外で神明奉仕を積み重ねて参りました先に、普遍的な古神道の精神性・神奈備は万国共通・万有であるという結論を元に、その輪と和を繋げたく、令和初年、今上陛下が大嘗祭を斎行なさいましたのち、謹んで命名させて頂きました。

神奈備:「神の隠れ籠れる場所」。自然環境そのものに神宿る神域、幽世(かくりよ)と現世(うつしよ)の端境・結界でもあり、禁足地も意味します。

万有:「宇宙に存在する全ての万物・万象」。世界中に存在する神奈備から、日本国外の方々にも古神道の精神性を身近に感じて頂けることを願って。

杜(もり):神を迎え祀る為の自然の聖域全体を指し、神そのものを象徴する語。神社、社(やしろ)でなく、杜と命名した理由です。

万葉集「思はぬを思ふと言はば大野なる御笠の杜(もり)の神し知らさむ」(4-561)「千年に 欠くることなく 万代に あり通はむと 山科の 石田の杜(もり)の 皇神(すめがみ)に」(13-3236)

 


【御祭神】

天之御中主神

高皇産霊尊

神皇産霊尊

天照大御神

月夜見尊

大祓戸大神

メリーランド産土大神

*そのほか降神の儀にて、祭式毎に適した神を八百万の神より降神賜ります

********************************************************************************************************************

KAMUNABI-BANYŪ-NO-MORI by Ancient Shinto style since prehistorical Jomon period enshrines sacred forest, rocks, and trees located behind Rev. Kuniko Kanawa's studio in her private property, to present respect, appreciation and awe to glorious virtue of Kami (deities) in great nature.

 

This shrine is not open to the public as being Kinsoku-chi (tabood land) and the bounds of this sacred land, yet can be visited for reserved private ceremony/blessing and Shinto related students only, when not severely snowed.

Rev. Kanawa mainly conducts Shinto ceremonies by travel, Shinto lectures, Misogi-harae (water purification practice) workshop, and Kagura Shinto sacred dance. Please contact her for inquiries.

[ History ]

Four years after Rev. Kuniko Kanawa humbly received the Shinto priestess certificate in September 2015 from Ama-no-iwakura-Jingu, the independent Shinto shrine in Hiroshima prefecture, KAMUNABI-BANYŪ SHRINE is now officially titled in the first Reiwa era by her rank promotion to, to preserve and pass universal Ko-Shinto spirituality to the next generation throughout the world.

Kamunabi: Sacred nature sites where Kami (deities) dwell. The barrier between Toko-yo(spirit world) and Utsushi-yo(physical world). Tabooed land.

Banyū: All matters / phenomenons existing in the universe

Mori: Sacred nature area to invite Kami to descend. Symbolizes Kami itself.

(related poems can be found in Manyou-shu:Collection of Ten Thousand Leaves - Anthology of Japanese poetry)

[ Enshrined Kami ]

Ame-no-minakanushi-no-kami

Takami-musuhi-no-kami

Kami-musuhi-no-kami

Amaterasu-Oomikami

Tsukuyomi-no-mikoto

Oo-haraedo-no-Ookami

Maryland Ubusuna-no-Ookami

* Other Kami can be called down temporarily by Koushin-no-gi, depending on the ceremony

Atelier Kanawa
P.O. Box 21 Butler, Maryland 21023 U.S.A.    TEL (410) 963-3961  
© 2010 Atelier Kanawa All Rights Reserved.

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • c-youtube