神楽 KAGURA - SHINTO THEATRICAL SACRED DANCE

神楽は神道の神事において、祈祷または神に奉納されるために奏される歌舞です。

その起源はとても古く、古事記や日本書紀に記されている【天照大御神の岩戸隠れ】において、アメノウズメノミコト(天宇受賣命、天鈿女命)が神懸かりして舞ったとされています。神と共に「笑ひゑらぐ」姿に天照大御神は岩戸から出て遊ばされ、世界はまた明るく照らされることになりました。

神楽の語源とされる「神座(かむくら・かみくら)」は、「神が宿るところ」「招魂・鎮魂を行うところ」を意味し、神座で巫女が人々の穢れを祓ったり、神懸かりをして人々と交流するなど神人一体の宴の場であった歌舞が、神楽と呼ばれるようになったとされます。

平成29年10月から【特定非営利活動法人 里神楽・神代神楽研究会】の加藤俊彦先生に厚き御教授を頂き、米国で神楽を奉納させて頂く運びとなりました。

戸越八幡神社様の大石則子禰宜様より、巫女舞【浦安の舞】を御教授頂きました。香取神社様より、朝日舞を御教授頂きました。

 

奉納舞の御依頼につきましては、どうぞ御気軽にお問合せ下さい。

演目:禊祓、天狐、浦安の舞(巫女舞)、さくら姫の舞、お月見の舞、清祓、朝日舞(宮司舞)、天孫降臨連れ舞(猿田彦神と天鈿女命)巫女連れ舞、

Kagura is Shinto theatrical sacred dance offered to deities, as well as Shinto priest/priestess/dancer embodying deities to bless the site and people at the Shinto ceremonies.

Its history goes back to Japanese mythology when Ame-no-uzume-no-mikoto, the deity of entertainment offers the shamanistic dance to bring the Sun goddess Amaterasu-Oomikami out of the cave where she went in to hide. Hearing many deities laughing and having a joyful time outside of the cave, she came out to see. Then the world was once again shined by this Sun goddess.

Please contact me if you would like to request Kagura.

Number: Misogi-Harae (spirit and physical purification), Tenko (heavenly Fox), Urayasu-no-mai (shrine maiden dance), Sakura-hime-no-mai (Cherry blossom princess's dance), Otsukimi-no-mai (Moon viewing dance), Kiyo-harae (Oonusa / bow and arrow / sword cleansing purification), Asahi-mai (Sunrise dance by head Shinto priestess), Pair dance of Sarutahiko-o-kami and Ame-no-uzume from Tenson-Kourin (the descent to earth of the grandson of the sun goddess), Miko pair dance

1/3
天狐 Tenko Heavenly Fox

Atelier Kanawa
P.O. Box 21 Butler, Maryland 21023 U.S.A.    TEL (410) 963-3961  
© 2010 Atelier Kanawa All Rights Reserved.

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • c-youtube